dsc02370.jpg dsc02364.jpg dsc02437.jpg

令和4年(2022年)は寅年です。
❶ 1月元日(土)~16日(日)まで
❷ 2月 1日(火)~ 3日(木)と
    21日(月)~28日(月)まで 
❸ 4月 1日(金)~17日(日)まで
❹ 7月 1日(月)~10日(日)まで
❺ 8月 6日(土)~21日(日)まで
❺10月 1日(土)~23日(日)まで
信貴山本堂に祀られている
奥秘仏ご本尊の12年に一度の御開帳。
 
2月寅月2月5日(土)~20日(日)には
 ご信者様が奥秘仏ご本尊(毘沙門天)とご縁を結ぶ
 「結縁灌頂」という密教の有難い法会が厳修されます。
 是非12年に一度の勝縁にご参拝下さい。
 詳しくは玉蔵院迄お尋ね下さい。
 
お知らせ ご信者様が下記アドレスに信貴山のビデオを作成下さいましたので
是非ご覧下さい https://vimeo.com/415190869
 

鎌倉時代、興教大師覚鑁(かくばん)上人がこの山に参篭された時
毘沙門天さまよりありがたい摩訶不思議な玉「如意宝珠」を授けられ
この寺に蔵められたことから『玉蔵院』と呼ばれるようになりました。

 コロナウイルス感染拡大防止策について

旅行者はGoToトラベル事務局作成の
「旅のエチケット」下記アドレスをご一読下さいませ。
https://goto.jata-net.or.jp/info/2020091001.html
 信貴山玉蔵院ではご宿泊者及び従業員の健康と安全を考慮し、以下のコロナウイルス感染拡大防止対策を実施しております。
 
★主な取り組み
 1:御滞在者へのお願い
  ・チェックイン時の非接触体温計にて全員の体温測定
  ・体調の確認と身分証明書の提示
  ・館内入出時の手指消毒のお願い
  ・館内滞在中、ご入浴・お食事以外の時のマスク着用。
  
 2:共有スペースでの取り組み
  ・アルコール消毒液の設置
  ・受付場所のグループ毎の距離確保と
   応対従業員マスク着用と距離確保。
  ・受付時間の簡素化。
 
★共有スペースでの取り組み
 1:食事場所
  ・お食事場所の距離確保と換気。グループ毎に1.5m以上の距離確保。
  ・出入口にアルコール消毒液の設置
 2:浴室場所
  ・脱衣カゴの棚を間引きし、人数制限。
 3:トイレ・洗面所
  ・各階にアルコール消毒液の設置
 4:客室・受付・共有スペース
  ・定期消毒の強化。客室の清掃および消毒の強化
  ・共有トイレ・共有浴場の取手や階段の手すりなど
   ご宿泊者様の降れる機会が多い箇所の消毒適宜実施。
  ・エレベーター、自動販売機のボタンなどへ抗ウイルスシートの
   貼り付けと定期的な消毒
 
★玉蔵院従業員に対する取り組み
 1:出社時に体調チェック(体温測定等)を行い、
   体調不良時や発熱があった場合、自宅待機
 2:アルコール消毒液による手指殺菌やマスク・フェイスガード着用と
   手洗い・うがいの実施
GoToトラベル地域共通クーポン(紙クーポンと電子クーポンともに)
も受けつけております。
ご昼食やお土産物にご利用下さい。
 

国定公園内に位置する信貴山では、四季折々の自然を楽しめます。
春は梅、桜、夏は避暑、秋は紅葉と一年を通じて自然を満喫することができ
山を散策しながらお参り頂く事も出来ます。
一般の観光の個人や団体の方などお気軽にご利用ください。

令和3年1月1日 

 
謹賀新年
御信者の皆様方にとって本年が良き年になりますよう心から
御祈念申し上げます。
昨年の春以来、制限の多い日々が続いておりますが、如何お過ごしでしょうか。
普段の何気ない生活がとても貴重に感じるこの頃です。
近年にない状況で、一人一人の命には軽重がないことを日々痛感するばかりです。
本年も、私は宗祖弘法大師がはじめられた、後七日御修法に出仕いたします。
本年は、特に、息災護摩を担当することとなりました。
例年とは違い、外界との接触を断っての勤修となります
護摩供養は、御承知のようにインドで行われていました。
紀元前のヴェーダの宗教儀礼では、火を用いた儀礼において、
火の神であるアグニが祭火として天界へ供物を運ぶ役目を担っていたと
言われます。
その後、密教儀礼にも取り入れられ、日本にも伝わってきました。
護摩とは、元々はインドの言葉であるHomaの音写語で、
「火に注ぐこと(Schütten in Feuer)」を意味するそうです。
真言密教でも、まず初めに火天(アグニ)をお呼びして、火天の真言を
お唱えいたします。「おん あぎゃのうえい せんじきゃ そわか」と。
この中、「あぎゃのうえい」が「火天に」の意味になります。
即ち、「アグニに」という語の音写です。
「火天に帰依いたします、息災吉祥あれ」というような意味となります。
火天を御供養した後に、御本尊等を御供養するのです。
特に、四種(息災・増益・敬愛・降伏)ある護摩の内、息災護摩は、
丸い火炉を用いて、災いや不幸を取り除くことを目的としています。
 
護摩儀礼は2000年以上も前から行われていた儀礼が今もなお、
その形をとどめている稀有な例であると言えます。
この感染拡大という災いの終息を心底願って、
後七日御修法の大役をお勤めする所存です。
今年の前半には、日本でもワクチン接種が可能となるとも言われております。
世界各地で、終息の兆しが見えるまで、もう少しです。
今年中には多くの皆様方とお会いできる日が来ることでしょう。
それまで、お互いに健康を保ちましょう。
信貴山もその日の準備に余念がありません。
皆様方に毘沙門天王様の御加護があらんこを。              合掌